スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CMナレーション現場雑感 3! 

          CMナレーション録音現場雑感 

・・・果たして、ナレーターさんはどうやるのか!!

スーツ姿の方から「もっと張って」とリクエストがあった。 ん?「張る」って言うのは声を張るということか?・・と自問自答していたら、「待てよ。声を張ったら優しい雰囲気は崩れちゃうんじゃないの?」と、心の声が聞こえてきた

さあ、ナレーターさんの張りのある声が聞こえてきたぞ! しかし待てよ! 案の定「優しさ」はどこかに消えていってしまった。
早速ディレクターからのダメだし そして聞こえてきたのは優しいナレーション。 またまたスーツ姿の方から駄目だし。 そして、張りのある声。 そしてまたまた・・・

この繰り返しの作業の現場で、私はパフォーマーの意思が半分飲み込めた。
「そうか!現場でパフォーマーは『出来ません』と言ったら負けなのだ!
自分の出来る範囲でリクエストを忠実にこなし、リクエストが矛盾するような場合は、『はい』と言ってまず行動し、その上でディレクターの判断を仰いでいるのではないだろうか?
そうすることによって、与えられたリクエストに矛盾はないか『問い』を投げかけているのでは?」と・・・。

後日、林田尚親さんにこの仮説を話したら、「鋭い読みですね」と言ってくれた!

ところで、このスーツ姿の威圧感のある方々は誰?
芝居の稽古場を見慣れている私は、演出家と役者の共同作業はすぐに理解できたが、CMナレーション録音現場は初めて!! 演出家の他に堂々とリクエストをする方がいるのにたじろいだ
だが、いずれにしてもこのスーツ姿の人々は偉い人たちには違いない。

この方達は、いったい誰なんだー!!!

                                            つづく

(by KENSUKE)

ふぁんふぁんふぁんのHPはコチラからどうぞ♪

ランキングに参加しています。
ランキング←クリックで応援してください♪


CMナレーション録音現場雑感2! 

         CMナレーション録音現場雑感 2!!


さあ! いよいよナレーション録りが始まった!


今日の録音は、TVCMナレーションの録音。15秒と30秒タイプの2種類。コメント違いが2つあり、合計6タイプのナレーションを録音するそうだ

まずは30秒タイプから取り掛かるようだ。
さっそくナレーターさんの第一声

うーん、さすがプロって感じ。両サイドのでっかいスピーカーから、腹の底に響き渡るい~い声が聞こえてきた。私たちが日頃マイクを使うとしたら、カラオケぐらいだが、マイクの質も音響機材も全然違うんだろうねえって当たり前か!!
目をつぶって聞き惚れていたその時、早速ディレクターさんからのリクエスト。「もっと、優しく・・」なるほど!

すぐさまナレーターさんのやさしめの声が聞こえてきた。さすがプロ。優しいよ。ホント、優しいよ
ところが、またまたディレクターさんからのリクエスト。「もっと力強く。」なるほど!「男はタフじゃなきゃ生きていけない。優しくなければ生きていく資格がない。」ってか!このっ

んで、ナレーターさんの力強く、やさしめの声が聞こえてきた。なんだよなんだよ、サスガだよ。
ところが・・これまた、またまたリクエスト。今度はスーツ姿の方からだ。「もっと張って!」

ん?「張る」って言うのは声を張るということか?と自問自答していたら、「待てよ。声を張ったら優しい雰囲気は崩れちゃうんじゃないの?」と、心の声が聞こえてきたぞ。

果たして、ナレーターさんはどうやるのか           
                                                つづく

(by KENSUKE)


ふぁんふぁんふぁんのHPはコチラからどうぞ♪


ランキングに参加しています。
ランキング←クリックで応援してください♪


CMナレーション録音現場雑感 

            CMナレーション録音現場雑感


 機会に恵まれて、CMナレーションの録音現場にお邪魔した事がある。日も暮れだして、すっかり夕方なのにスタジオの扉を開けると「おはようございます」と交し合うスタッフの方々!
われわれの世界とは一風変った世界がそこに待っていた。ワクワクドキドキって、こっちがドキドキする事はないのだが・・・・

さっきは一種独特な世界に興奮していて気付かなかったのだが、ふと見ると、スーツ姿のいでたちで、老若男女問わず総勢10人ほどの方々が、ずらっと長椅子に座ってらっしゃる「なんじゃこりゃ~」面接会場みたいで緊張感たっぷりの雰囲気 この超緊張!空気の薄さに思わず窒息死しそうになった。もう駄目だ、この場から早く立ち去りたい!でも、せっかくの機会に恵まれ、もしかしたらこんな体験は二度と出来ないと思い、はやる気持ちを抑えて端っこの方で、膝をそろえて、静かに見学させていただいた

ナレーターの方がブースに入っていった。ちなみにこの日は林田尚親さんじゃなかった (・・・・何でやノン! 残念!) このブースが、ガラス張りでまるで金魚鉢を見ているかのよう。ナレーターさんにはこちらの声は聞こえていないようだ。でも、敏感なパフォーマー、声は聞こえていなくても、こちらの話している内容なんてすべてお見通しならぬお聞き通しなんじゃないかな~?

さあ! いよいよナレーション録りが始まった!
                                                   つづく

(by KENSUKE)

ふぁんふぁんふぁんのHPはコチラからどうぞ♪

ランキングに参加しています。
ランキング←クリックで応援してください♪




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。