スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

さいたまゴールドシアター「アンドゥ家の一夜」

あんどー ケラリーノサンドロヴィッチ:作 蜷川幸雄:演出

6月27日さいたまゴールドシアターを見た。
(彩の国さいたま芸術劇場 小ホール 2009/6/18~2009/7/1 公演中)

実生活での人生の諸先輩達が、活き活きと初々しく華やかに舞台で呼吸している様は、なんとも若者たちを元気にしてくれる。

脚本も素晴らしいし、なんといっても演出は圧巻だ。生きていてよかったと思える演劇でした。商業ベースにのった、優れた俳優たちの名演技は当然だが、スターもいなくて、僅か3年のトレーニングを積んだ俳優たちのアンサンブルで、人生の心に残る演劇を創造できるなんて、本当に世界に誇れる日本の演出家なのですね。純粋に「演劇」を追い求め続ける行動、仕事、はスゴイという一言につきます。

よかったです。本当にありがとうです。

心から70歳からが人生だと思えるようになりました。ブッチャケまだ何十年も勉強できるぜ!やっぱりありがとうございました!
(by KENSUKE)
ふぁんふぁんふぁんのHPはコチラからどうぞ♪

ランキングに参加しています。
ランキング←1日1クリックで応援してね~ 頑張りまっす
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fanx3.blog33.fc2.com/tb.php/971-2b2c290f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。