スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しとやかな獣~浅野和之~ 

しとやかな獣

stage6417_1.jpg


作: 新藤兼人
演出: ケラリーノ・サンドロヴィッチ
キャスト: 浅野和之 緒川たまき 広岡由里子 近藤公園 すほうれいこ 佐藤誓 大河内浩 玉置孝匡 山本剛史 吉添文子
(2月8日で東京公演は終わっちゃったけど・・・)

しとやかな獣。当然映画にもなっている。

おもしろい。

ケラ演出。ツボを押さえながら歪みを出す名手。
浅野和之、ベストキャスティング。この人もツボを押さえながら歪みを出す名手。

詐欺師一家の人間模様。しかし、悪には上がいる。
昭和の話。おもしろい理由は、ちゃんと人間が描かれているから。
もし、平成に置き換えたら、複雑すぎて劇画になるかな?

そう、今、原作が劇画のドラマ多すぎ。おもしろくていいんだけど、カッコいい、生活感のない俳優が出ると、もとが劇画だから、やっぱ人間臭がないよ。加齢臭じゃこまるけど。

でも役者の技術があるからそれなりに見えて、観客は、なんだか質を感じ取るセンサーをマヒさせられてる感じ。

そのてん、ケラの演出はぶれない。デタラメやっても「人間」がいるもんね。うーん、さすが。
(by KENSUKE)
ふぁんふぁんふぁんのHPはコチラからどうぞ♪

ランキングに参加しています。
ランキング←1日1クリックで応援してね~ 頑張りまっす
スポンサーサイト

コメント

観ました!

大阪での千穐楽に行ってきました♪
出てくる人、出てくる人、
「オイオイ…」な人たちでしたね。
でも、観ていて気分が悪くならならず、
最後はあの家族の行く末を心配してしまいそうになっている私が居ました(笑)
やり方は歪んでいるけれど、皆それぞれ、自分や家族の為に一所懸命、必死に生きている姿に、
妙に納得させられてしまった様です(^^ゞ


共演者さんのブログによると、キャストの殆どが、誘いあわせて前日に大阪入りされていた様で(^-^)
作品の面白さは勿論、カンパニーの団結力と仲良し度が感じられる、素敵なステージでした。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fanx3.blog33.fc2.com/tb.php/881-a1119db7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。