スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学1年生の芝居創り♪ 

ちびっちょたち『大きなカブ』(さあ!本番編!)

祈る気持ちで校門をくぐる・・・・

どうか! 神様! 子供たちが全員揃っていますように・・・・

時間を過ぎて発表会の教室に着いた私の目に飛び込んできたのは、ずら~っと一列に並んで家族の方々に日ごろ練習していた「綾取り」を披露している子供たちの元気な姿だった

駆けつけた私を見て、子供たちは一斉にニコ~~~っと笑顔を見せてくれた
『来たよ』というガッツポーズをすると、綾取り中なのに、ガッツポーズを返してくれる子が何人もいた

まず、端から何人いるかを数えた・・・1人2人3人・・・・
数えるうちから子供たちはフラフラ動く。 また最初から数え始めたが途中で数えるのを諦め、近くにいるご父兄の方に聞くことにした。
『今日は、お休みはいますか?』
・ ・・・・・その答えに胸がチクリと痛んだ・・・・・
一人だけ・・・・カブ役の子が一人だけお休み・・・・・
先週まで元気だった男の子・・・・今日から熱が出てしまったそうで・・・・39度では無理とのこと・・・・
『練習は元気に出来ていたのに・・・一人だけなんて・・・』男の子の無念さを考えて、涙が思わずこぼれてしまった。 本当の魔法使いだったら、治して上げられたのに・・・

かなり無理をして出てきた子もいた筈。

しかーし・・・綾取りの披露が終われば、『大きなカブ』の幕が開く!

みんな~!! お休みのTくんの分まで頑張ろうぜぃ

子供たちはとにかく張り切っていた! お父さん、お母さん、おばあちゃん、おじいちゃんの見ている前で、練習したものを見せるわくわく感に包まれていた♪

えばりんぼうなお爺さん、コマの上手なお爺さん、するめの好きなお爺さん。
器用なおばあさん、編み物の得意なおばあさん、綺麗なおばあさん。
剣玉の得意な孫、サッカーの得意な孫、ドッヂボールの得意な孫。
勉強の得意な犬、サッカーの得意な犬、歌の得意な犬。
すばしっこい猫、やんちゃな猫、おばあさんから編み物を取ってしまう猫。
チーズの好きなネズミ、骨を丈夫にするためにいつもチーズを食べているネズミ、ダンスが上手になるようにチーズを食べているネズミ。
(子供たちが考えた役創り)

そしてナレーションを担当しているカブ5人。(お休みのTくんの分も代役を見事にこなしていた!)

みんなお母さんに手伝ってもらった衣装に身を包み、大きな声ではっきりと役の説明をした。

最初と最後の元気なゴリラダンスもバッチリ!!
2列に並んでのカーテンコールの時には、見てくれたお父さんお母さんたちから、ため息に混ざった大きな拍手が沸き起こった 泣いているおばあちゃまもいらした。
その拍手は、自分の子だからとか、小さな子だから・・・という自己満足的なものではなかったと思う。

子供たちは本当に一生懸命だった。
所詮、魔法使いの私がやったことはドラマの展開と、盛り上げるための手助けをしただけ・・・
自分で発想し、自由に動き・自由に喋る。役を楽しむことを発見したのは、子供たち一人一人なのだ!
一生懸命って、こんなにキラキラ輝いていて素敵なことだったと、改めて気づかされた。

プレイヤーって、こう言うピュアな心と無心な一生懸命さが必要だと、私の方が勉強になった。

お休みしたTくんも、後からビデオを見たら、みんなの頑張りにきっと満足してくれるに違いない。 ちょっと残念だったけどな・・・

文章が長くなってしまうのですが・・・・
どうしても言いたいドラマがもう一つあった。

とても暖かい爽やかな気持ちで帰って来た私に、一通のメールが届いた
『今日はありがとうございました。』
今日、参加されていた知り合いの父兄からのメールだったが、お芝居のお礼文の最後に、
『KINKINさんは、この3月でM先生がお辞めになることを知っていますか?』

え!・・・・・ええ!! うそ! 知っているわけないじゃん!

またまた泣き虫な私の目に涙が溜まった。。。。。

そう言えば、いつも遠慮深いM先生には、珍しく強引なお誘いだった。
『葉っぱのフレディ』公演と『杜子春』の静岡公演の合間、時間的にかなり忙しかった。本番も静岡公演から駆けつけるような形になるので、子供たちを教えに行くのは無理だと思い、お断りする方向で話していたのだが、どうしてもとのお願いで今回のお芝居サポートをお引き受けしたのだ。
『いつもながら熱心だな・・・』と、その時はそう思っただけだった・・・

今日、子供たちが『またお芝居がやりた~い♪』と、声をそろえて言った時も、今から思えば曖昧な笑顔だったな・・・と・・・

決められた事だけやっていても、休む間もないと言われている小学校の先生。その中で敢えて『子供たちに良いものを・・・』と色々なものを取り入れてらした、数少ない怖くて、優しくて、熱心な先生だと思うM先生。

今回、私も子供たちと芝居作りを通して触れ合うことができ、先生がなぜそこまで頑張れるのか・・・なぜそこまで一生懸命になれるのか・・・ほんのほんのちょっとだけど分かったような気がします。

貴重な先生が、また一人いなくなってしまうのか・・・

とても寂しいです。 とても残念です。

そんな気持ちと共に一言!
『無理して参加して良かった! 最後に先生の育てた子供たちとお芝居創りが出来てよかった。 本当に本当にありがとうございました。 そして今まで子供たちのために、寝る間も惜しんで働いていらした先生! お疲れ様でした。 少し休んでくださいね・・・』
(by KINKIN)
ふぁんふぁんふぁんのHPはコチラからどうぞ♪

ランキングに参加しています。
ランキング←1日1クリックで応援してね~ 頑張りまっす
スポンサーサイト

コメント

そうでしたかぁ。

全員勢ぞろい!・・・とはいきませんでしたかi-241
皆がダウンしてる中、ずっと練習していたのに、最後の最後にウイルスにやられちゃったT君i-182
KINKINさんが思わず涙ぐんでしまう気持ち分かります!私も読みながら「そんなぁ・・・」って声出ましたもん。
T君、ビデオ見られるかなぁ?
感動的な舞台になって良かったですね!子供達が考えたそれぞれの役創り、面白いv-237同じ人を演じるにも、こういう事を考える事でもっともっと楽しくなるんだ!って事を体感できた子供達は、大きな宝物をKINKINさんから貰ったと思いますv-25羨ましいなぁ~!

KINKINさんを招かれた先生、お辞めになるんですね。「辞める」って事は転勤ではないんですよね?
おいくつの先生なんでしょう?本当に最近の学校の先生は大変らしいですね・・・。授業の準備をする時間もあまり無いとか??
そんな中で、こういう体験を生徒にさせてくれたM先生。きっと生徒達にも人気があったんでしょうね。
KINKINさん、大役ご苦労様でしたv-238

mauさん♪

今回は泣いてしまうことが多かった稽古でしたね~・・・i-241

お芝居って創っていくうちに、どんどん人間関係が深まってゆくと言うか・・・心が通じ合えるんですよね。 
来られなかったTくんやM先生も、たった3回の稽古の間に、すごく仲良くなりました。

そこがお芝居を創って行くうえでの素晴らしさですねi-189

笑ったり怒ったり泣いたり・・・感情は大忙しでしたけど、また子供たちとお芝居創りたいな・・・って思います(^^

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fanx3.blog33.fc2.com/tb.php/399-18d409b1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。