スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふぁん③公演♪ 稽古場日記!! 

9月30日のふぁんふぁんふぁんプロデュース公演に向けて、日々練習を重ねる出演者たち・・・・個々の練習ではダンサー・役者・ミュージシャンと、それぞれのジャンルでそれぞれの練習方法や時間のとり方の違いがある。中でも一番集まっての練習量が必要となるのが、役者さん!! はい!今日はどんな感じですか?(by KINKIN)

大西玲子おそるべし

20060810163319.jpg  

今日はエチュードをやってみた。
他人が自分の役を演じるのを観ることは、非常に参考になるので、本役ではない大西玲子が杜子春を演じるという、まことに単純なエチュードをやってみた。

はじめは「本役でないあたしが、どうしてやるのよ」と、いつもの眼(がん)が飛んできた<<<(-"-:)
しかし、重い腰を持ち上げて演じ始めると、作家・芥川龍之介のリズム・ことばを丁寧に扱うことで、内面が動き始め、感情だけではなく杜子春が見ている情景、生活状況までが滲み出てくるような即興演技を観せた!

彼女は演じることを楽しむ力がある。
演じることが「生きがい」だろうなと感じる。「舞台に立っているときが一番生き生き出来て、日常生活の出来事はあんまり面白く感じないのではないだろうか?」と思わせるくらい集中力がある。

そう、大切なことは集中力だ!集中力が分散して、目先のやるべきことがぼやけてしまい、楽しむどころか、がちがちに自分で自分に決め事を課してしまって、舞台で自由に動けなくなってしまう役者もいる。

パフォーマー同士、お互いが自由であることを謳歌していないと、いいキャッチボールやコラボは出来ないと思う。自由を謳歌することこそパフォーマーの特権ではないか! 頭でっかちになって、表現することに苦しむ姿を見せるなんて、古くさくて、カッコワルイ。甘えん坊さんだと思う。どっかで自分の苦しむ姿をひとつの表現としちゃって、今の本当の自分から逃げていると思う。自分でも苦しむ姿を人に見せてしまうことによって、やってる気になっちゃうんだよね。苦しむ状態に甘んじてしまうと自分に誤魔化しが利いちゃうんだよ。
もちろん誰だって悩んだり苦しんだりするけど、そんな姿は人に見せないほうが粋よ。みんな人の見ていないところで苦しんでるんだもん。とってもキツイけど・・・・

20060810164104.jpg 倒れる練習中の甲斐くん。どわ

ふぁんふぁんふぁんは、楽しげなサイトだけど、結構ハードルを高いところに設定してやってるかも・・・?

そこでいつもの決まり文句!・・みなさん応援よろしくお願いします

大西令子・・・・絶対陰でなんか自主トレやってる!もしかしたら演技養成ギブスをしているかもしれない・・・
(by 林田尚親)
ふぁんふぁんふぁんのHPはコチラからどうぞ♪

ランキングに参加しています。
ランキング←1日1クリックで応援してね~ 頑張りまっす
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fanx3.blog33.fc2.com/tb.php/234-e03942de

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。