スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国版『コンボイ♪』 

韓国版『コンボイ♪・・・ATOM 20060609164312.jpg

日本ではなかなかチケットが手に入りにくいと言う大人気の『コンボイ』
今回はダンス・タップダンス・演劇・ミュージカル界で活躍する200名の韓国人アーチストの中からたった7名を選び、代表作の『ATOM』を韓国版で上演すると言う。

『あの早い台詞を韓国版でどうやってこなすのか、すごく楽しみなんですよね~♪』・・・と言うのは一緒に行ったダンサー’sふぁんのSATSUさん! SATSUさんはオリジナルキャストでの『ATOM』を2回も見ているので、今回の韓国版をとても楽しみにしていて、今日も埼玉でのレッスン後、5分で着替えて駆けつけてくれた 結局先に着いたのはSATSUさんの方!! お待たせしてさぁ~せん

チラシの筋肉ムキムキの写真を見ながら・・・オリジナルキャストより随分若手なんだな~・・・ダンスすごそ~!!ムフッ

20060609165550.jpg

さて、そんな二人の期待を載せて幕が開く。
始まって意識してしまうのは、『日本と韓国のスキルの違い!』。 去年韓国へ旅行に行った際、『TANT』という舞台を見て、そのショーアップされた面白さに度肝を抜かれ、韓国の芸術意識の高さを目の当たりにしていた私は、顔も体の大きさも日本人と変わらない韓国のアーチストが、と~っても気になるのよね~
自然とショーを見つめる目が厳しくなる(-"-:)

ともあれ、今回の『ATOM』は今村ねずみさんの作・構成・演出による『総合エンターテイメントショー』だ。韓国から日本への逆輸入とも言える。
さすがに今回は選び抜かれた7名と言うだけあって、歌・タップそしてダンスはストリート系のものから、JAZZ・モダン・クラシックにいたるまで・・・その1つ1つがどれをとっても見ごたえ・迫力のある素晴らしいものだった。
台詞に関しては韓国語で字幕なのでよく分からないが、メンバー一人一人が初めての試みにチャレンジする心のはずみ(楽しもうというエネルギー)が伝わってきて好感が持てた。

その中で、一際目を引くダンサーがいた。カン・イニョンさん・・・動きのシャープさ・表現の仕方・動きの魅力でとにかくダンスになると彼が1番目立つ!! なんで?なんで?釘付けになるう~??? 途中SATSUさんと顔を見合わせて『YWKIさんに似てるね~!』同時に言って笑った! 我がダンサー’sふぁんのYWKIさんにそっくりなのだ(^^)!! 
以来、私とSATSUさんの話の中ではカン・イニョンさんは『YWKIさんてさ~・・・』と語られている・・・

今回の公演を観ての発見は、独立したダンスシーンはメインのストーリーとつながりがなくても、お客さんの想像力で違和感がなくかえってイメージが膨らむものだということ。

そういった世界観の広がりを9月30日の『ふぁんふぁんふぁんプロデュース公演』に取り入れていけたらサイコーだと思った。
(by KINKIN)
ふぁんふぁんふぁんのHPはコチラからどうぞ♪

ランキングに参加しています。
ランキング←1日1クリックで応援してね~ 頑張りまっす
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fanx3.blog33.fc2.com/tb.php/188-0d725bd3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。