スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NATIONAL TAP DAY 2011♪ 

SUJI@メルパルクホール♪

ナショナル 003 終演後のSUJIさんですが・・・(笑)

↑↑困った顔に見えるのは、藤林真里さんと二人だけでトリと言う、最大級のプレッシャーにみごと打ち勝ち 素敵なショータイムでエネルギーを使い果たしたからと思われます(笑)


昨日は、毎年行われるTAP界最大級のイベント『NATIONAL TAP DAY 2011』に行って来ました♪
(毎度記事にするのが遅くてすみません

このイベントを見に行くと、大体日本のTAP界が見渡せるのではないかと思うくらい、沢山のスタジオやチームやユニットが参加していました♪

みんなどれ程練習したんだろう?と、驚くほどの力作ばかりでした


私の大好きなみすみ”Smile”ゆきこ先生は、ソロでも踊ってくださって、その時だけちょっとお酒を飲みたくなるような大人な世界を満喫できたし・・・
(紫の蝶がひらひらと舞うようやったわ~~

毎回、楽器やTAP以外のパフォーマンスと組み合わせて、まるで1つのミュージカルを見せてくれるような東京リズムボーイズさんは、今回は3人で1台のマリンバ(?)を演奏しながらTAPを踊るというような・・・まるでジーンケリーが生で見られたようなショータイムを披露してくれました。
映画であれば、撮り直しもできますが、ステージの上でのあのミスのないパフォーマンスは、本当に圧巻としか言いようがなく、彼らがどのくらいの練習量で作品を創っているのやら?・・・考えただけでも尊敬できます。

HIDEBOHのスタジオチームも、さすがとしか言いようのない揃い具合で・・・
マイケル・ジャクソンをテーマとした作品は、大人から子供までの体の大きさの違う群衆が、それこそ一糸乱れぬ息の合ったTAPで、マイケル・ジャクソンも生きて見ていたら、感動してただろうな~と思える迫力でした


他にも沢山のツワモノチームばかりで、振付の先生の個性が生かされていて、3時間のステージはあっという間に過ぎて行きました

さてさて・・・
そんな素晴らしいパフォーマンスのイベントのトリを飾りますSUJI師匠!
今回は藤林真里さんと二人だけでの出演と言う事で・・・心中を察するに大変プレッシャーだったと思うのですが・・・そこはやっぱりさすがSUJIさんです!

SUJIさんの持ってる明るいオーラっちゅうのか、エネルギーって言うのか・・・?
すっごく楽しいものがビシビシ伝わってきました♪

きっとSUJIさんはドMですね(笑)

プレッシャーがかかればかかるほど、輝く男って言う感じで、誰よりもステージを楽しんでいました♪

やっぱスーパーマンだな
でも胸のマークは『S』じゃなくて『M』(笑)

あんな状況の中で楽しめるって事が、SUJIさんがみんなに愛される所以なのでしょうね~
ホント素晴らしかったです♪


そしてフィナーレを飾るトリビュート企画・・・
中野ブラザースの歴史。なんと芸歴63年!!

その活躍の足跡をスクリーンで映し出し綴ってゆく。

去年の4月に初めてこのNATIONAL TAP DAYに出演し、その4ヶ月後の8月にお兄様が肺炎でお亡くなりになったと言う。

お一人になってしまった中野ブラザースの弟、中野章三先生が生で登場された。
その矍鑠としたお姿に感動しただけでなく、その後に見せてくださったTAPダンスは、日本のTAPダンサーのパイオニアとして走り抜けて来た技と心で、言葉が出ないほど素晴らしいものでした

ナショナル 002 ラストは中野先生を中心に、出演者全員が1つの振付を踊る♪

間違いなく、中野ブラザーズさんが居たから、今のTAP界が大きくなってきたという事は否めないでしょう!

見ているだけの私まで『ありがとう!』と言う感謝の思いで涙がでました

出演者のみなさん、本当にお疲れ様でした
そして素敵な1日をありがとうございました
(by KINKIN)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fanx3.blog33.fc2.com/tb.php/1419-54e7ad37

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。